« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

チャーハンつくるよ (・∀・)

仕事がイソガシス(´・ω・`)
今週も休日出勤でした

さて、お手軽にさくっとつくれるチャーハン

MOTO隊員もよく作るのですが、どうもパラッとした感じに仕上げるのが難しい(´・ω・`)

チャーハンは強い火力で一気に、とよく聞きます。MOTO隊員の家のガスコンロは家庭用にしては結構火力が強いとは思うのですが、それでもなかなかうまくいかない

MOTO隊員、学生時代はずっと中華料理屋でバイトしてました。なのでチャーハンが作られるところもよく見てるんですよね

 

中華料理屋さんだと

・多めの油を中華鍋に回し入れ、加熱されたらいったん出す

・再度油投入(見てると結構多め)

・油があたたまったところで溶き卵投入

・溶き卵が固まらないうちにご飯投入

・ご飯と卵ほぐす

・具材と調味料投入。全部を混ぜ、あおってパラリと仕上げる

 

・・・ってな感じですかね。MOTO隊員も基本的にはこの流れなんですが(ちゃんとあおりも入れる)

 

パラッと仕上げるコツ、みたいなの色々聞くんですが

・冷やご飯で

・ご飯を10分ほど冷凍庫に入れて水分を飛ばすといいぜ

・いやいや実は温かいご飯の方が

・ご飯に最初から卵をまぜて卵ごはんにしてから投入さ

 

やってみたけど・・・・うーん、どれも

大してかわんね(´・ω・`)

 

ところが、しばらく前にテレビで「噂の東京マガジン」(関東ローカルだよね)を見てたところ、プロの料理人さんがチャーハンを作ってて、そこで家庭でもパラリと仕上げるコツを紹介していました。それは・・・・

 

炒める前にご飯に油を混ぜておく

 

プロでも家庭用コンロではパラリと仕上がらないそうで、「どうにかいい方法はないか」と考えて編み出したんだそうな

いや、聞いた瞬間に「これは理にかなってる」(・∀・)

 

早速

 

  ∧,,∧
 (;`・ω・)  。・゚・⌒) チャーハン作るよ!!
 /   o━ヽニニフ))
 しー-J

いや、これすごいわ。今までのチャーハンなんだったの、ってくらいパラリと仕上がる(・∀・)

油混ぜるとき、ご飯に完璧になじんでなくても、ある程度ざっくりほぐれる程度で大丈夫です

 

Chahan

写真だとあまりうまそうに見えないすね(笑)

ネットでちょっと見てみたら、この方法って数年前に「伊東家の食卓」でも紹介された方法なんだそうな

 

ぜひ一度お試しあれ (`・ω・´)ゞ

 

| | コメント (7) | トラックバック (0)

汎用電脳決戦兵器四号機 (`・ω・´)

仕事がイソガシス(´・ω・`)
3連休も2日は休日出勤で

しかし、忙しくともMOTO隊員はパソコン自作ですよ(`・ω・´)ゞ

前に食卓でメシ食いながら使ってたEeePCは・・・
ついに最後の時を(ノД`)

Cドライブは4GBしかないんで、いろいろ削って軽量化しててもWindowsのアップデートすらできなくなってきました。で、Ubutuをインストールして使ってたんですが、これもドライブが満タンになり、アップデートもできなくなりました

さようならEeePC(´・ω・`)

 

で、食卓には初号機とともに使ってたノートPCを持って行ったんですが・・・・そうすると初号機とともに使うサブPCが欲しくなってきました

動画のエンコードとか重い処理させてる間にサブPCでネット見たりとか、サブがあると何かと便利なんですよね

で、四号機製作開始(`・ω・´)ゞ

 

サブっつうことでケースはちっこいのを選びました。MOTO隊員が好きなメーカーAntecのISK-100

Pc41

タバコと比べてもらうと小ささがわかるかと。DVDドライブなんかはつけられないタイプなので、余っていたUSB接続のDVDドライブを使います。システムディスクに使うSSDは初号機から取り外したものを使います。資源有効活用(笑)。あ、データディスクは新しくHGSTの2.5インチ500GBを買ってきました(HDDはHGST派)

 

さて、今回のマザーボード

Pc42

初めてインテルのものを使用。D525MW。CPUはAtomオンボード。そんなに重い仕事はさせないのでAtomで十分です

 

さて組み立て開始(`・ω・´)ゞ

 

まずはマザーボードにメモリをセット。今回はCrucialの2GBを一枚だけです

Pc43

 

で、マザーボードをケースに入れるんですが・・・・・

Pc44

おおおっっ、入んねっっっ(;・∀・)

ケースについてる電源ユニットが邪魔でなかなか入りません

 

PC雑誌でも「このケースの組み立て難度は高め」とありましたが、こういうことかい(;・∀・)

 

知恵の輪を解くようにしてひねったり押したり引いたりしてやっと収まったかと思ったら・・・・

 

マザーボードの固定のねじ穴位置が合わねー(ノД`)

Pc45

 

なんで?とよくよく調べてみるとバックパネルの穴とコネクタ類が干渉してるようです。バックパネルの精度が悪いのか、ケース側が悪いのか・・・・

Pc46

バックパネルの加工も面倒なので今回はバックパネルなしで組むことにしました。どうせ普段は見えないし(笑)

 

HDDの取り付けも一苦労。電源ケーブルが短くて先にコネクタさしてからじゃないと組めないし、組んでもケーブルが結構きつい

Pc47

何とか苦労して全部押し込みました。が、ここからもう一つ

 

MOTO隊員の自作PCには光るファンがお約束なのですが・・・ケースに組み込まれてるファンが汎用のタイプじゃないんでファン交換が出来ないんですよね

Pc48

 

しかしここであきらめるMOTO隊員ではない

 

 

 

「ファンが光らぬならケースを光らせろ」

 

 

 

つうわけでLEDをケースの前面と上面に仕込んでみました。ネオン管は入るサイズじゃないからね

Pc49

Pc410

 

ケースを閉じるとこんな感じ

Pc411

いや中々いいんでねーの(・∀・)

 

後はOSをインストールして完成。いや、なかなか期待以上にサクサク動きます

サブとしては十分でしょう

Pc413

 

うむ、満足じゃ(゚д゚)(。_。)(゚д゚)(。_。) ウンウン

Pc412

 

 

 

 

<おまけ>

パーツ買った時にもらった「つくもたん」紙袋。季節柄、いつもの白と緑じゃなくチョコレート色(笑)

Pc414  

 

 

 

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »