« 2011年2月 | トップページ | 2011年6月 »

ふざけんじゃねーよ (#゚Д゚)

あの大地震から1週間以上立ちました
横浜はといえば・・・・

日用品、一部の食品の品薄は変わらず。日用品では乾電池、カセットコンロ、トイレットペーパー、ティッシュボックス、食品では米、パン、カップ麺、卵、牛乳あたりは全く棚にならんでいません。物流が乱れているので入荷が少ないところに加えて、みんな買い占めに走るんですよね。計画停電の最中なんで乾電池あたりはまあ理解できなくもないのだけど、卵とか牛乳とか日持ちしないものを買い込んでどうするんだろう

あとはガソリン、軽油。ガソリンスタンドは連日順番待ちの車が長くならんでおり、周囲の道路が大渋滞します。商用車はやむを得ないでしょうが、どうみても一般車ってのが多い多い。ちょっと控えて被災地に回せるように、とか思わないのかね。首都圏なんて車なくても生活できるんだからさ

 

<計画停電>

これ実施されてる以外の地域ではいまいちわかんないでしょうが、想像以上に不便です。この土日は実施されませんでしたが、平日は毎日実施。たかが3時間ほどとはいえ、昼間ならともかく夜間に輪番が当たると結構大変

一軒家なら本当に電気だけで住むのかもしれませんが、首都圏はマンションに住む人が多いんで・・・電気が止まると水道も止まる(マンション内のポンプが止まる)、給湯もつかえなくなる。こうなると本当に3時間何もできす、じっと待ってるしかありません

しかし、被災地の人はもっと大変な状況なんだ、それを思えばこれくらい。そう考えてみんな我慢してるわけです

 

<節電>

会社、スーパー、小売店、そして自宅・・・・、本当にみな「節電」しています。うちの会社も部屋の照明は全部落とし、エアコンも切っています。特に週の後半、関東もかなり冷え込みましたので結構きついものがありました。パソコン叩いてても手がかじかむ

気温が下がるとエアコンの利用が多くなるんで、大規模停電の恐れがある、との報道もあったので帰ってからもエアコンはつけず。家でもちまちまと節電生活

商店などもみな照明を一部落として、薄暗い店が多いです。看板などはほとんど消えてるし、閉店時間を早めるところも多い。小さな個人商店なんかは売り上げに直結するわけで、かなりきついものがあるんじゃないかと

MOTO隊員はバス通勤ですからさほど影響ないのですが、電車が大幅に本数を減らしているので、うちの会社でも電車通勤の人はラッシュ時の混み具合がハンパないそうです

現時点では節電した分が東北に送られるわけではありません。しかし計画停電ですら大変なのに、予想外の大規模停電になったら大変なことになります。被災地への物資の輸送にも大きな影響が出ることでしょう。(計画停電でも、その時間になると作業が止まってしまうらしいですから)

そう考えれば節電も間接的には被災地のためになる。そう思ってみんな我慢してるわけですね

一部では「ヤシマ作戦」と呼ばれているそうな(笑)。エヴァを見た人には解説不要ですが、知らない人のためにちょっと解説しておくと・・・・、日本全国を停電にし、エヴァンゲリオン初号機のもつ陽電磁砲に全ての電力を集め、使徒(敵)に向かって発射、ってのがヤシマ作戦

って、関東の人たちがヤシマ作戦に参加してるような気概をもって節電に取り組んでるこの時に、とんでもなく腹の立つニュースがありました

いや、こんなに腹が立つニュースは尖閣諸島事件以来だ

 

<プロ野球セ・リーグ予定通り3/25開幕>

すでにパ・リーグは開幕延期が報道されてました。この状況ですから当然でしょう。当然セ・リーグも延期されるものと。それが3/25に開幕。しかも

開幕戦ナイターでやる

 

 

何考えてんだ(#゚Д゚)ゴルァ!!

 

 

今回、25日開幕にこだわったのは巨人と中日らしい
144試合をこなせなくなると 

でもちょっと考えてよ。ナイター1試合やると一般家庭5000戸が1日に消費するほどの電力を使うらしい

計画停電は今後も継続されることが予定されてる。一部の地域では停電で真っ暗。もちろん被災地もね。それ以外の地域では寒いけどエアコンも我慢して節電に取り組んでる

そんな人たちのまっただ中でにこうこうと照明つけて野球する、ちゅうんかい!

 

 

お前らのために節電してんじゃねーんだっっっっ

 

 

記者会見でぬかした台詞が

 

「スポーツで人々を勇気づける」

 

・・・・( ゚д゚)ポカーン

 

もちろんスポーツにそういう側面があることは否定しない。最近で言えばサッカーアジアカップでの日本代表の活躍に感動した人も多いだろう。MOTO隊員もその一人だ

しかし、だ。プロ野球のリーグ戦だよ

「巨人がヤクルトにサヨナラ勝ちした」

・・・・真っ暗な避難所でそんな話聞いて誰が勇気づけられるんだ

試合の日程をこなすことを優先した結論に、きれい事の台詞で言い訳してるの見え見えじゃないか

仮に本気でそんなことを思ってるとしたら思い上がりも甚だしい

 

阪神大震災の時、当時イチローたちオリックスの選手が「がんばろうKOBE」とユニフォームに縫い付けてプレーしてたのはよかった。地元球団として復興のシンボル的存在であったのもある

でもあれは震災からシーズン本番まで数ヶ月あり、そろそろ「復興」と言う声が聞こえ始めてからのことだ

今回は被害の全容すら見えてない。いくら何でも時期が早すぎるだろうが

セ・リーグがなぜそんなに開幕を急がにゃならんのだ

 

来年のWikipediaのプロ野球の項目には

「2011年度は東日本大震災の影響で日程が70試合に縮小された」

とか書かれるのが自然な姿だろうがっっっっ

 

少し話がずれるが、選抜高校野球は議論の末に開催が決まったそうだ。個人的にはこれはよいのではないかと思う。ずっと甲子園を目指してきた高校球児の夢を摘み取るのはかわいそうだ。高校野球の開催は兵庫県、しかもデーゲームだし。

出場の決まった東北高校が活躍すれば、被災地にも明るい話題となるだろうと

だが、セ・リーグ、おまえは許さん (#゚Д゚)

 

 

プロ野球を管轄する文部科学省が注文をつけたそうだ

早い話が

○ 必死で節電してる関東、東北で試合すんじゃねーよ
○ 電気しこたま食うナイターなんてやんじゃねーよ

ってこと

 

世間からのバッシングも大きい。選手会ですらも「延期すべきだ」と言っている

これらをふまえ、もう一度検討したらしいんだよね。で、日曜にでた結論が

 

開幕は3/29に延期
4/3まで東京・東北電力管内のナイターを取りやめる

 

ゴ━━━━(# ゚Д゚)━━━━ルァ!!!

 

4日しか延びとらんやないかい。しかもナイター取りやめも数日間

 

 

お前ら本当に日本人か

つうか人としてどーなのよ

てめーらのパターンファイルは青かっっっっ

 

どうしてもやる、ってんなら

東京電力、東京ドーム以外全部停電にしてしまえっっ
「ナイターやる、ってんで電力足りません」って

鉄道会社、全部列車運休にしてしまえっっ
「球場以外停電になるんで」って

で、関東全部マヒしてるなかで、こうこうと電気つけて誰もいない球場で思う存分野球やらせてやれ

 

もうそこまで考えるよね

 

セ・リーグの関係者、再考を

延期を訴えてる選手会、がんばれ

 

 

| | コメント (13) | トラックバック (0)

大地震 Σ(゚д゚lll)

今回の大地震、みなさん大丈夫でしたか?

MOTO隊員は無事です。今回体験したことを書いてみます

 

<地震発生時>

3/11(金) 14:50頃、MOTO隊員は会社で会議の最中でした

最初は縦揺れが来てたでしょうか。そのうち横揺れになったのですが、「またいつもの」くらいにしか思ってませんでした。会議も「揺れるな」とか言いながら続行

しかし揺れの時間が長い。「えらく長くね?」とか言い出した瞬間、どえらい横揺れが襲ってきました。会議室の椅子にはキャスターがついているのですが、もう椅子ごとあっちに行ったり、こっちに転がり。「こりゃいかん」と椅子から降りた瞬間こけました。立っていられないほどの揺れ

幸い机と椅子しかない会議室なので、ものが落ちてくるようなことはなかったのですが・・・

とにかく揺れている時間が長かった。数分揺れたのかな

外の川を見ると、いつもは川の流れにそって波がある、あるいは海からの風によって逆に波が立つ、が普通なのですが、土手と平行に波が立っています。これは尋常じゃないな、と

すぐに避難指示。外で待機していたら、さっきと同じくらいの余震が来ました。会社の建物を見ると目で見てわかるくらいハンパなく揺れています

しばらく外で待機していたのですが、「帰れるように荷物だけ取ってくるように」ってことで建物の中へ。自分の机のある居室に入ってみると、もうぐちゃぐちゃで。

棚は倒れてるし、書類はぶちまけられてるし

鞄やら手帳やらだけ持って外に出ました。慌ててはいないつもりだったんだけど、やっぱり普通じゃなかったんでしょうね。机においてたiPodを忘れてきてしまいました

 

<帰宅>

交通網が全部ストップしています。遠方の人はしかたないので会社で待機。自分は歩いて帰れるので歩き始めました

道路は大渋滞です。信号が全部消えているので、主要な交差点では警官が交通整理をしています。歩道には歩いて帰る人が大勢。

帰る途中を見ていると、電気のついている地域と、真っ暗な地域が。どうも電力網の違いがあるようです

娘が心配なので早めに歩きます。離婚後も娘はうちの学区に通っているので、朝と夕方にうちによって制服を着替えます。この渋滞では元カミさんの迎えも期待できないし、バスも無理。マンションで心細い思いをしていないだろうか、と

と、歩いている途中で娘からメールが来ました。元カミさんの迎えで無事に帰宅したとのこと。一安心です

 

<帰宅後>

会社から歩いて40分ほどで帰宅。マンションの建物は大丈夫そうです。部屋に入ってみると、いくつかモノが落ちていましたが、意外と大丈夫で一安心

電気、ガス、水道は全部止まっています

いや、水道は一階の共用の水道が出ていましたから、水道網自体は大丈夫なんでしょうが、電気が来ていないので、マンションの上階にくみ上げるポンプが動いてないんですよね

ガスはよくわかりませんが、ガス操作パネルが電気使うので給湯も使えない

結局復旧したのは夜の12時前でした。もう床に入っていたのですが、余震がじゃんじゃんくるんで、よく寝られないんですよね。ぱっと電気がついた瞬間、「日常」というもののありがたみを感じました

それまでTVも見られず、地震の状況があまりわかりませんでしたが、TVをつけてびっくりしました。とんでもないことになっているじゃないか

 

<昨日~今日>

知っている人は知っていますが、MOTO隊員、長期出張で仙台に1年半ほどいたことがあります。その時に知り合ったのが、このブログに昔よく登場したキャバ嬢のみさちゃん。実はこのブログも仙台にいた頃に立ち上げました。キャバクラの話題をよくネタにしましたが、あれは横浜ではなく仙台でのお話です

みさちゃんとは当時からプライベートでも親しく、今でもつきあいがある大事な友人の一人です

彼女が住んでいる地区も津波の被害が深刻だとの報道がありました

メールも返事がこないし、ケータイにかけてもつながらない。心配していたのですが、今日になって「充電できないのであまり連絡できないけど、こっちは大丈夫だから~」と返信がありました。文面を見る限り、あまり深刻な事態ではないようです。一安心。

当時MOTO隊員が住んでいた場所も津波に押し流された自動車がごろごろ転がっている映像が流れていました

まだあっちにいたら、どうなってたんだろうなぁ

 

横浜では飲食店を中心に休業してるところが多いです。個人営業の店は結構開いているのですが、チェーン店なんかは決められた食材が入ってこないのでしょう

Kyugyo

 

スーパーではカップ麺、飲料水などはすべて売り切れ

Cup1

家電店では乾電池、懐中電灯の類はすべて売り切れです

 

<今回感じたこと>

家に帰ってから復旧するまで数時間ではありましたが、ライフラインが完全にストップした生活は本当に不便で

さほど防災意識が高かったわけではないのですが、日頃からやってたことが今回役に立ちました。と同時に「まだ足りないな」とも

 

○ 懐中電灯

Light

たぶん何かの景品でもらった安物です。ただこれをいつもリビングの決まった場所においていました。これが今回本当に役立ちました。乾電池も買い置きしていましたし。真っ暗な中では何もできませんからね。

 

○ 水

Water

床下収納に2リットルのペットボトルをいつも10本くらいキープしています。普段の飲み水や水割りなんかにも使ってますが、一本使ったらまた補充する、みたいな感じで。今回、飲料水としてはもちろん、手洗いなどにも役立ちました。なにより「しばらく水道が止まってても大丈夫」って安心感が大きかったなと。ちなみに今回の地震で近くのスーパーなんかではのきなみ水が売り切れましたから、次にいつ補充できるかわかりませんが(笑)

 

○ カップ麺やらパックご飯やら

この辺は独身男性は結構キープしてるものと思いますが(笑)

 

○ モバイルバッテリー

Battery

USB接続でいろんな機器に充電できるバッテリー。これでケータイなんかは何回か満充電にすることが出来ます。日頃からこのバッテリーでいろんなモノを充電するようにしています。そうすることで「いざ使いたいときにモバイルバッテリーが空」って事態を防げるだろうと。この習慣は当たりでした

これがあるおかげで、ケータイのバッテリー残量にさほど神経質にならないですみました。時々ケータイでワンセグも見ましたし。

MOTO隊員が使ってるのはバッテリー機器では定評のあるAPC社製ですが、サンヨーのエネループブランドなんかでも同じようなバッテリーを販売してます。ぜひ一つ常備することをおすすめします

と、同時に「情報を得る手段がケータイしかない」ってのは問題かな、と

家電店の防災用品品薄状態が解消したらラジオでも買おうと思います

 

以上、つらつら書いてたら長文になりました。明日は会社の片付けです

 

 

| | コメント (11) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年6月 »